【天野秀夫 中小型厳選株】GW明けの決算発表は格好の株価材料に 「セリア」「JTOWER」など好業績銘柄が素直に上昇する展開へ



 上場企業の決算発表が、GW明けに活発化します。8日に370件超が予定し、ピークは14日の約600件、15日に約560件と続きます。

 マザーズやジャスダック上場企業はこのGW明けに本格化することになりますが、今回の企業決算は、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される状況という経験したことのないケースです。ここまでの決算発表での特徴は、企業側が今期の業績予想を「未定」「非開示」にするケースが目立ちます。

 こうした中、実績ベースでの増収増益、今期予想も増収増益で開示してきた企業の株価は、素直に上昇する傾向が見てとれます。従来は実績ベースの業績には、株価としての反応が薄かったのですが、株価が先行して下げているために、実績ベースの増収増益でも買い安心感につながっているようです。

 今回の決算シーズンでは、発表を契機として「買われる銘柄」と「売られる銘柄」、株価が「上昇する銘柄」と「調整する銘柄」というように二極化が鮮明に表れる可能性が高まっています。マザーズやジャスダックの新興企業の場合、値動きが大型株以上に動きが軽いため、そのような傾向が顕著になるのでしょう。


「Zakzak経済」を閲覧する



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG