東証3日ぶり大幅反発 一時1万7千円回復

 連休明け23日の東京株式市場は、日経平均株価(225種)は3営業日ぶりに大幅反発した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による市場の混乱に対し、日銀が上場投資信託(ETF)を購入するとの観測が買い材料となり、一時500円に迫る上げ幅で1万7000円を回復した。

 終値は連休前の19日の終値と比べ334円95銭高の1万6887円78銭だった。東証株価指数(TOPIX)は8・79ポイント高の1292・01。出来高は約26億9700万株。

 追加の自社株買いなどを発表したソフトバンクグループや、産業用ロボットのファナックなど平均株価への影響が大きい銘柄の上昇も相場を押し上げた。

 朝方は国際的に東京五輪の開催延期を求める声が強まる中、安倍晋三首相が参院予算委員会で状況により開催延期も容認する考えを示したことが不安材料となった。感染への懸念からアジア市場が軒並み下落したことも相場の重しとなった。

 午後に入ると日銀のETF購入観測が広がり、上げ幅を拡大した。ただ市場では「日銀が相場を買い支えるとの見方が優勢だったが、先行きは不安だ」(大手証券)との声が根強い。


「Zakzak経済」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG