IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは

IEOはトークンの販売・配布を、プロジェクトが特定の取引所に委託して行う資金調達のことをいいます。
具体的にはまず、プロジェクトがトークンを発行します。次に発行したトークンを取引所に送ります。そして取引所は受け取ったトークンをリストして、投資家に販売・配布します。当然投資家がIEOに参加するためには、取引所のアカウントを作成する必要があります。IEOが始まると、投資家は取引所からトークンを直接購入することができます。

「ICO」の問題を解決する「IEO」

仮想通貨業界では、プロジェクトを成功に導くためにICOと呼ばれる方法で資金調達します。ICOの正式名称は「Initial coin offering(イニシャル・コイン・オファリング)」の略であり、日本語訳では新規仮想通貨公開という意味や、トークンセールやプレスリリース、クラウドセールと呼ばれることもあります。
ICOは、私たちに馴染みのある資金調達方法IPO(新規株式上場)と似ている部分が多いですが、監査を必要とせず、決められたルールも必要ありません。
そして、資金調達方法である「ICO」は、プロジェクトメンバーや、それに属する団体や企業が中心となり、ユーザーや投資家から直接的に資金(法定通貨やトークン)を集めます。資金調達をするまでの手段としてプロジェクトは、自身で公式HPの作成やコミュニティ活動、啓蒙活動、信頼構築などのゼロから始めなくてはならず、成功するプロジェクトはほんの一握りなのです。

「ICO」のメリット

  • プロジェクトは資金調達した資金の配分を自由に決定することができる
  • 好きなタイミングで資金調達を実施・中止することが可能
  • 投資家やユーザーと直接、やりとりができる

「ICO」のデメリット

  • 資金調達を開始するまでに多くの資金が必要となる(広告費・啓蒙活動など)
  • 各国の規制によって、資金調達が困難になる可能性がある
  • 現在のICOのイメージが悪い(詐欺が多発したため)
  • 資金調達が成功しなかった場合、そのプロジェクトの信用性が薄れる

「ICO」のデメリットを補う「IEO」

IEOとはICOと同様に、トークン(仮想通貨)を販売するという点では変わりはないですが、IEOはトークンを販売する手段として、世界中に存在する特定の仮想通貨取引所に依頼をして行う資金調達を行います。
IEOは以上の、仮想通貨取引所を使用して資金調達を行うだけであり、特に大きく内容が異なる訳ではありません。
その内容な実に簡単であり、トークンを発行したプロジェクトは取引所と契約を提携。トークンを取引所に送信し、取引所は投資家やユーザーに対してトークンを販売・配布します。投資家やユーザーはIEOに参加するために、取引所のアカウントを作成(KYCも含む)するだけでIEOに参加することができます。
先ほどICOで説明したように、仮想通貨の資金調達で重要なのは「投資家・ユーザーの安全面」であり、IEOでは「投資家・ユーザーの安全面」を依頼した仮想通貨取引所に任せることができるのです。

最新情報をチェックしよう!

暗号通貨用語辞典の最新記事8件

>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG