中国政府、検閲システムで仮想通貨イーサリアムの「etherscan」をブロック

中国がEtherscanをブロック

中国政府のいわゆる「グレート・ファイヤウォール」は、イーサリアムブロックチェーンのデータサイト「Etherscan.io」への国内アクセスをブロックしている。データモニター団体Greatfire.orgが指摘した。

中国のグレート・ファイヤウォール「防火長城」とは、中国本土(大陸地区、香港とマカオを除く)において、インターネットコンテンツに対する検閲・アクセス制限をかけるシステムだ。すでにグーグルやフェイスブック、ツイッターやLINEなどの海外アプリケーションやWebページには通常では閲覧やアクセスできない。

Greatfire.orgの観測によると、8月まではEtherscanに対する中国の検閲はなく正常にアクセスできていたが、試算では10月30日よりすべての国内アクセスがブロックされている。現在、VPNを利用しなくては完全にアクセスできない状態になっているという。

Etherscanは中国のグレート・ファイヤウォールによる初めてのブロックチェーンエクスプローラ検閲対象になったとみられる。

具体的な理由は明らかではないが、昨年一部の仮想通貨ユーザーがイーサリアムのブロックチェーンに、中国政府が検閲したスキャンダル記事を含めたことが原因ではないかとみられている。

CoinPostの注目記事

中国の流行語大賞、2位に「ブロックチェーン」
中国の有力文芸メディア「咬文嚼字」の編集部が、2019年の10の流行語を発表。ランキングの第二位には「ブロックチェーン(中国語:区块链)」がノミネートされた。
中国撤退発表から5日、仮想通貨取引所CEOが失踪 顧客資産引き出せず
中国ユーザー向けにもサービスを提供していた仮想通貨取引所IDAX Globalは29日、ウォレットへのアクセス権を持つCEOが行方不明になり、コールドウォレットへのアクセスができないことを報告した。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG