『Facebook Pay』が仮想通貨市場に影響を与える可能性=SFOX月次レポート

市場のセンチメントへの影響

米フェイスブック社の新決済サービス「Facebook Pay」が、仮想通貨市場に影響を与える可能性について、仮想通貨取引プラットフォーム「SFOX」が月次レポート(2019年10月)で発表した。

SFOXは、10月の1カ月間は、仮想通貨市場には直接は関係ないプロジェクトに注目が集まったと伝えている。例として挙げたのは、中国のブロックチェーン推進の動きと、フェイスブック社主導の仮想通貨リブラだ。

最近では、9月以来リブラのテストネットで5万1000件の送金が行われているといった開発の進捗状況が報告されたが、各国政府や規制機関の懸念は解消されていない。また、運営組織であるリブラ協会への正式な参加を決済大手Visaやマスターカードら7社が見送っており、現在もローンチに向けて厳しい状況は続いている。

関連仮想通貨リブラのテストネット進捗状況

本レポートではまず、上記のようなリブラの状況がビットコイン(BTC)価格の下落と連動していると説明。以下のグラフは、ビットコイン、イーサリアム(ETH)、ゴールド(金)、米株価指数S&P500の日足のリターンとリブラに関する動きを表したものだ。

出典:SFOX

特に下落幅が大きいのが、フェイスブック社CEOマーク・ザッカーバーグ氏が、米議会の公聴会に参加した10月23日で、ビットコインのリターンは7.3%減少した。

本公聴会では、ユーザーのプライバシー保護やフェイクニュースに関してフェイスブック社が抱える様々な信用問題を背景に、議員からリブラプジェクトに同社がどのように関わるのかなど、厳しい質問が行われた。イーサリアムのリターンも同様の動きを示している。

関連フェイスブック社CEOが公聴会で証言

このデータを根拠に、SFOXは「仮想通貨やブロックチェーンの普及拡大に向けて、市場は有名企業が主導するリブラに注目している」と説明。

リブラを主導するフェイスブック社がこのタイミングで始める決済サービスには、リブラに向けられた規制監視の目をそらす狙いがあるという主張も出ている。「Facebook Pay」の普及を含めた一連の報道がリブラのローンチに影響を与え、そこから間接的にビットコインを初めとする仮想通貨市場にも影響を及ぼす可能性があると言及している。

参考資料 : SFOX

CoinPostの関連記事

フェイスブック社が新決済サービス「Facebook Pay」を開始へ インスタへの利用拡大も
フェイスブック社は、新決済サービスとして「Facebook Pay」を今週中にも開始すると発表した。Instagramなどへの利用拡大も図る。
米高官が連銀の高速決済システムを促す FB社のリブラ等に対抗
米連邦取引委員会の高官がFRBへの書簡で、リブラやメガバンクなど民間企業の勢力拡大を食い止めるものとして連邦準備銀行が計画している「FedNow Service」を迅速に実行するよう催促した。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG