『ビットコイン悲願の1万ドル突破』週間・仮想通貨注目ファンダ|6/15〜6/22

過去1週間の重要ニュース
仮想通貨市況に大きな影響を与えた直近1週間のニュースを選別。1年3ヶ月ぶりとなるBTC価格1万ドル到達や、フェイスブックが仮想通貨プロジェクトの詳細を発表するなど、ターニングポイントとなっている。

過去1週間の重要ニュース

本記事では、市況に影響のあった過去1週間の重要ニュースをまとめている。

ビットコイン、主要アルトコイン前週比

コインチェックにおける、ビットコイン・アルトコインの週間比較は以下の通り。ビットコイン(BTC)は前週比+約26%、23万円高を記録している。22日、約1年3ヶ月ぶりに1万ドルの大台を突破し、最高値を更新している。

6/14

6/22

6/15〜6/22のBTCチャート

A:ツイッター社CEO、ビットコインの必要性を強調|6/15(土)

ツイッター社のCEOであるJack Dorsey氏はインタビューで、「ビットコイン以外の仮想通貨にインターネット通貨になる可能性があるとは考えにくい」との持論を展開した。

ツイッター社CEO、ビットコインの必要性を強調

ツイッターCEO「インターネット通貨になり得るのはビットコインのみ」|フェイスブックの独自通貨にも言及
ツイッター社CEO、Jack Dorsey氏は、インターネット通貨の候補としてビットコイン以外は考えにくいと持論を展開。そのほかフェイスブックの独自通貨についても言及した。

B:ビットコイン1年ぶりの『100万円』|6/16(日)

ビットコインは16日、大台100万円まで価格が高騰した。100万円に到達したのは2018年5月以来初で、約1年ぶりの最高値更新となる。

ビットコイン1年ぶりの『100万円』

【速報】ビットコイン1年ぶりの『100万円』に 今後を占う重要攻防戦へ|仮想通貨市況
ビットコインは16日、大台100万円まで価格が高騰した。仮想通貨市場で、BTCが100万円に到達したのは2018年5月以来初で、約1年ぶりの最高値更新となる。

C:テザー再び1億USDTを新規発行|6/17(月)

ビットコイン価格との相関性で注目を集めるUSDT(テザー)が、新たに1億USD分(108億円相当)発行された。

出典:CoinMarketCap

テザー再び1億USDTを新規発行

ビットコイン価格に先行?1億ドル相当のUSDTが新規発行 その相関性とは|仮想通貨朝市況
1年1ヶ月ぶりに大台「100万円」に達したビットコインは、一時102万円まで高騰するも維持できず、17日には再び98万円台へと反落。仮想通貨時価総額は30兆円に到達し、年初水準1275億ドル(13.7兆円)から2.2倍水準まで回復した。

D:フェイスブックが仮想通貨プロジェクトの詳細を発表|6/18(火)

フェイスブックが開発を進めている仮想通貨プロジェクト「リブラ(Libra)」のホワイトペーパー(事業計画書)が公開され、全容が見えてきた。また、利用するためのウォレット兼決済アプリ「Calibra.com」も併せて公表された。

フェイスブックが仮想通貨プロジェクトの詳細を発表

狙いは『数十億人が利用できる仮想通貨』フェイスブックがリブラの事業計画書を公表
Facebookが仮想通貨Libraの詳細を公開した。プロダクトの目的は『数十億人が利用できる仮想通貨』だという。

Moneygramがリップル社のxRapidを国際事業で採用

米リップル社が世界大手送金業者マネーグラム社と戦略的パートナーシップを結び、国際事業で採用するとの公式発表を行なった。市場が反応し、XRP価格は、2019年の最高値にあと一歩に迫る50円まで急騰した。

Coincheck

Moneygramがリップル社のxRapidを国際事業で採用

【速報】世界大手送金企業Moneygramがリップル社のxRapidを国際事業で採用|仮想通貨XRP価格が急騰
米リップル社が大手送金企業のマネーグラム社と戦略的提携を正式に表明。特大材料にXRP価格が年初来最高値まで一歩に迫る50円まで高騰した。仮想通貨XRPを一部で活用するxRapidを同社の国際事業で採用していくことを市場が好感した。

E:「仮想通貨リブラ」開発の一時的中止を求める|6/19(水)

米国会下院の金融サービス委員会 Maxine Waters理事長は19日、国家や国民におけるリスクを懸念し、フェイスブックが開発を手がける「リブラプロジェクト」の一時中止を求めた。

「仮想通貨リブラ」開発の一時的中止を求める

米金融サービス委員会理事、フェイスブックの仮想通貨開発の一時中止を要求
米国会下院の金融サービス委員会理事が、フェイスブックが開発を手がける「仮想通貨リブラ」の一時開発中止を要求。国家や国民におけるリスクを懸念、国会や規制当局の調査を行う必要があると主張した。

F:日銀の黒田総裁がリブラに言及|6/20(木)

日銀の黒田総裁が、フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「リブラ」について記者の質問に回答を行なった。内外の関係当局と連携しながら、動向について注意深く見ていきたいと話した。

日銀の黒田総裁がリブラに言及

日銀の黒田総裁、米フェイスブックの仮想通貨(暗号資産)プロジェクト「リブラ」に言及
日銀・金融政策決定会合の結果を踏まえた記者会見で、日銀の黒田総裁が、フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「リブラ」とビットコイン(BTC)などの暗号資産の現状について、記者の質問に答えた。

G:金融庁が「フィスコ」に業務改善命令|6/21(金)

金融庁が、仮想通貨交換業者フィスコ仮想通貨取引所に対して、資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針を固めたことがわかった。アンチマネーロンダリング対策といった内部管理対策の不備が、その理由にあるという。

金融庁が「フィスコ」に業務改善命令

金融庁、仮想通貨取引所Zaifを承継した「フィスコ」に業務改善命令を下す方針
金融庁が、仮想通貨交換業者フィスコ仮想通貨取引所に対して、資金決済法に基づく「業務改善命令」を出す方針を固めたことがわかった。同社は仮想通貨取引所「Zaif」の事業承継していた。

H:FATFがガイダンスを公表|6/22(土)

FATF(金融活動作業部会)が暗号資産の監督法を明確化するためのガイダンスを公表。資金洗浄やテロ資金供与の防止を目標に、37のFATF加盟国に対して仮想通貨の規制強化を促している。

FATFがガイドラインを公表

「全ての仮想通貨取引所は顧客データの共有が必要」FATFのガイダンス発表
FATF(金融活動作業部会)が暗号資産の監督法を明確化するためのガイドラインを新たに発表した。資金洗浄やテロ資金供与の防止を目標に、FATF加盟国に対して規制強化を促している。

過去の週間ニュースまとめ

『週間・仮想通貨市況』ビットコインと主要アルトコイン重要ニュースまとめ|6/8〜6/14
ビットコインや主要アルトコイン価格など仮想通貨市況に影響のあったものを中心に、直近1週間のニュースを選別。ビットコインの価格推移のほか、バイナンスの発表やBakktの先物テスト日確定など、注目ニュースが続いている。
『週間・仮想通貨市況』ビットコインと主要アルトコイン重要ニュースまとめ
仮想通貨市場の価格など市況に影響のあったものを中心に、1週間の重要ニュースを選別。BTC価格が大きな急落を見せたほか、モナコインのコインチェック上場やXRPの流出事件、リップル社の新指針の発表など重要ニュースが続いている。

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG