大手投資銀行RBCがフェイスブック独自仮想通貨を評価|同社コンソーシアムにSpotify、Uberも参入か

「グローバルコイン」に一定の評価
大手投資銀行RBCが、フェイスブック独自通貨について高評価を下した。また、フェイスブックのコンソーシアムへの参加企業が新たに判明。SpotifyやUberなどが確認された。

フェイスブック独自通貨に一定の評価

大手投資銀行RBC Capital Marketsに勤めるアナリストMark Mahaney氏とZachary Schwartzman氏は米CNBCの取材で、フェイスブックの独自仮想通貨「グローバルコイン」について、肯定的な見解を示している。

2人のアナリストは、以下のように述べた。

フェイスブック社の歴史において、(グローバルコインは)新たな収入源や雇用を創出する最も重要なイニシアティブの一つかもしれない。

Mahaney氏とSchwartzman氏はグローバルコインは将来、フェイスブックやその関連アプリであるインスタグラム、WhatsApp内において、決済や貿易、アプリ、ゲームなど様々な用途で利用されるだろうと予測。

またフェイスブックの独自通貨に関するホワイトペーパーが6月18日の公表を予定しているが、RBCはグローバルコインについて投資家の理解を深めるために、同ホワイトペーパーの分析を行い、その分析内容を公表する計画があることを両氏は明かした。

コンソーシアムに大手企業も参加

米フェイスブックが発行する独自仮想通貨「グローバルコイン」に対し、決済大手企業Visa、Mastercard、Paypalと、米ウーバーテクノロジー社が支援に名乗りを上げていることが明らかになっている。

この4社はフェイスブックに対し、今回それぞれが約110億円(1億ドル)の援助を行う。フェイスブックはこの援助で得た金額は全て独自の仮想通貨であるグローバルコインの発行に活用するという。知名度のある金融企業などによる援助は大きなバックアップとなるだろう。

また、フェイスブックが設立したコンソーシアム「Libra Association」の参加者には、上述した4社が加入していることが明らかとなっていたが、米仮想通貨メディアThe Blockの報道により、それら以外にも多数の企業が参画していたことが新たに明らかとなっている。

参加する企業は、グローバルコインのノード管理者となり、そのブロックチェーンネットワークを維持する役割を持つという。

出典:The Block

上図を確認すると、大手音楽ストリーミングサービス「Spotify」や自動車配車サービスを提供する「Uber」、米最大手仮想通貨取引所Coinbaseなど有名企業も多数名を連ねていることが確認できる。グローバルコインが与える影響は、仮想通貨業界やフェイスブックのサービスだけにはとどまらないようだ。

CoinPostの関連記事

フェイスブックの独自仮想通貨、決済最大手のVISA、マスターカードなどが出資へ|WSJが報道
米フェイスブックが発行予定の仮想通貨プロジェクト「グローバルコイン」に対し、決済最大手VISA、マスターカード、Paypal、Uberが支援に名乗りを上げていることが明らかになった。約110億円(1億ドル)の出資を行うと報じられた。
先読みビットコイン情報|仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表
【6/3 更新】ビットコインETFの審査期限やアルトコインの大型アップデートなど、仮想通貨市場価格に影響を与える得るイベント情報を随時更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG