「米ウォール街の番人」の関連ファンド、1.4億ドルのビットコイン投資商品を販売

1.4億ドルのビットコインファンドNY州の仮想通貨事業者許認可「ビットライセンス」考案者の関連する投資ファンド「NewYorkDigitalInvestmentGroup(NYDIG)」が、1.4億ドル規模のビットコインファンドを立ち上げた。SEC(米国証券取引委員会)への書類ファイリングで判明した。「ビットライセンス」の考案者であるBenLawskyは、2011年〜2015年の間ニューヨーク州金融サービス局の初代保険監督官を務め、14年にビットライセンスの規制基準を導入。任期中、複数の金融機関の違法行為…

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG