4兆円ファンドのビットコイン市場参入示唆、BitMEXアーサーヘイズなど有識者の見解は

4兆円ヘッジファンド参入示唆先日4兆円規模のヘッジファンド運営者が、ビットコイン先物取引を検討していると発言。仮想通貨業界への追い風になるとして話題になり、識者達が2020年ビットコインに期待できる理由を語っている。そのうち幾つかを紹介したい。話題となった発言の主は、TudorBVIファンドを運営する著名投資家PaulTudorJones。ビットコインに期待する理由として、発行上限があることを挙げた。ゴールドにも採掘上限はあるものの明確ではなく、「現在、世界で取引されている資産の中で、唯一明確な上限がある…

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG