仮想通貨の資金洗浄対策、FATFトラベルルールに対応する通信規格がリリース

トラベルルールに新企画が対応暗号資産サービス事業者(VASPs)らのやり取りのための通信規格が新たにリリースされた。この規格は、マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FAFT)の定めるトラベルルールに沿うものとなる。トラベルルールでは、仮想通貨の取引において送り側、受け取り側の情報などを収集することがVASPに要請されている。これは既知の通りマネーロンダリングなどの金融犯罪を防ぐことが目的だ。関連:FATF新基準へ準拠急がれる仮想通貨業界 2020年6月にも遵守状況のレビューを実施新たな規格「IVM…

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG