『ステーブルコインの現状と将来性』Facebookの仮想通貨リブラ、中銀デジタル通貨台頭で業界再編へ

存在感増すステーブルコインこれまでテザー(USDT)に代表されるステーブルコインであったが、ここ数年はフェイスブックの主導する仮想通貨リブラの登場や、中央銀行デジタル通貨(CBDC)などの台頭で、仮想通貨(暗号資産)の中でも日々その存在感を増しつつある。ステーブルコインとは、円やドルといった国の法定通貨など、実際のアセットに裏付けられた仮想通貨である。例えば、米ドルであれば1ドル=1コインとして発行され、仮想通貨特有の激しいボラティリティやスケーラビティ問題が決済・送金分野での普及を阻害するなか、ステーブ…

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG