速報 コインチェック、板取引でアルトコインの取扱い開始 初回銘柄はFactom(FCT)

コインチェック、板取引でアルトコインの取扱い開始

仮想通貨取引所コインチェックは1日、板取引を提供する「取引所」サービスで初めて、アルトコインの取り扱い開始を発表した。

初回のアルトコインは、Factom(FCT)。Coincheck(WEB)のホーム画面にある「現物取引」より取引ができるようになる。

コインチェックにおける「取引所」サービスは、顧客同士が売買の指値注文を行う板取引のこと。指値注文から注文板を形成し、「価格優先」「時間優先」等の優先順位に従って売買注文のマッチングを行う。

出典:コインチェック

コインチェックは、11銘柄のアルトコインを取り扱ってきたが、全て販売所形式の取引となっていた。Factom(FCT)を初回の銘柄に、板取引形式で順次取扱い仮想通貨を拡大していく予定だという。

「取引所」サービスでは、ビットコイン(BTC)を手数料無料で取引が行えたが、アルトコインについても、手数料無料で利用ができるという。

出典:CoinCheck

CoinPostの注目記事

新型コロナがビットコインマイニングに与える影響
ナスダック上場の仮想通貨マイニング企業Riot Blockchainが新型コロナウイルスにより事業に影響が出ると報告。ビットコイン採掘事業が困難になることが危ぶまれている。
仮想通貨市場で半年ぶりのトレンド転換 ブルームバーグが指摘
ブルームバーグが日本時間31日、仮想通貨市場が好調な推移に変化すると指摘。ビットコインを含めた独自ベンチマークに対するテクニカル指標が、7月下旬以来の強い売りトレンドに終止符を打ったと報告した。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG