Bitfury、COVID-19研究にコンピューティングパワーを寄付

本日、ビットフューリーグループは、同社のデジタル通貨取引処理業務から、ワシントン大学の「Folding at Home」プロジェクトにコンピューティングパワーを再配分し、新型コロナウイルス(COVID-19)との戦いを支援したことを発表しました。

Folding at Homeは、病気の研究のためにコンピューティング・パワーを寄付することをユーザーに求める分散コンピューティング・プロジェクトです。

Bitfuryが保有するハイパワーGPU対応コンピューティングノードは、3月20日からCOVID-19の計算を実行しています。新型コロナウイルスの解析を目的としたFolding at Homeの取り組みのために、Bitfuryが提供したノードでは1,300以上の計算を完了しており、今後も貢献度を大幅に拡大していく予定です。Folding at Homeの計算結果は公開されており、ワクチンや治療法、その他の研究に取り組んでいる組織であれば、コストをかけずに研究に利用することができます。

BitfuryのCEOであるValery Vavilov氏は、次のように述べています。「私たちの高効率コンピューティングパワーの貢献は、COVID-19対応の最前線にいる医療従事者や重要なスタッフの無私の精神と犠牲にはかないませんが、Folding at Homeのこのプロジェクトは、多くの研究者や医師の仕事と並んで、この病気の理解と治療を大きく前進させるものと確信しています。」

Bitfuryは、世界中のASICとBlockBoxの運用を通じて、ビットコイン・ブロックチェーンのサポートと安全性の確保を継続しています。Bitfuryの運営について詳しく知りたい方は、当社のウェブサイトをご覧ください。

Bitfuryグループについて

ビットフューリーグループは、世界をリードする新興テクノロジー企業です。Bitfury™は、千年紀の最も重要な技術を用いて、未来のためのソリューションを構築しています。

2011年に設立された当社のミッションは、ハードウェアとソフトウェアのあらゆるレベルのテクノロジーを革新し、信頼を方程式に戻すことで、世界をより信頼され、安全なものにすることです。Bitfuryは、人工知能、ブロックチェーン技術、デジタル通貨のソリューションにフォーカスを充てております。Bitfuryは、ビットコイン・ブロックチェーンのセキュリティおよびインフラストラクチャのリーディングプロバイダーです。

Bitcoinブロックチェーンのセキュリティに加えて、Bitfuryは、カスタム半導体チップやモバイルデータセンターなど、暗号通貨やブロックチェーンを安全に保つ革新的なハードウェアの設計・製造も行っています。Bitfuryはまた、Exonum™プライベートブロックチェーンフレームワーク、Crystal™ブロックチェーン高度分析プラットフォーム、Peach™ビットコイン決済ポートフォリオを通じて、世界の最先端のアプリケーションのためのソフトウェアプロバイダーでもあります。同社の音楽エンターテイメント部門であるBitfury Surround™は、アーティストや音楽業界の関係者が直面する課題を解決するためのブロックチェーンソリューションを設計しています。詳細については、www.bitfury.comをご覧ください。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG