ロシア議会、コロナ対策優先で仮想通貨関連法案の判断を再延期

ロシアが仮想通貨関連法案の可決を延期

ロシアの仮想通貨(暗号資産)関連法案の可決判断が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されることが分かった。現地メディアRBCが報じた。

仮想通貨に関連する「デジタル金融資産に関する法案」は、すでに内容は最終決定しており、本来今年の春の終わりまでには可決される見込み。しかし現状ロシアでは、コロナウイルス対策を優先しているため、(移動制限等措置のため)全ての立法手続きが遅延している状況だ。

当法案の可決は、これまでも延期されてきた。今回の報道では、以前の遅れはロシアの関係当局における見解の不一致が原因だった。ロシアの中央銀行は仮想通貨の合法化には反対していたが、議会では支持する声も聞かれていた。

ロシアの規制に関しては現時点では不明瞭であるが、仮想通貨の発行、及び流通を禁止する意向であることが先月判明。仮想通貨の保有以外、ほとんどの行為を禁じる可能性が伝えられた。

関連仮想通貨の発行や流通を禁止か ロシア中銀による新法案で

今回の報道では、新しい法案は「仮想通貨の定義」を明確にし、決済手段としての利用を禁止するという内容が明らかになった。一方、法案にある条項を違反しない限り、取引所の運営は規制対象に当たらない。またマイニングに関する規制は含まれていない。

実際ロシアは、仮想通貨技術を全面的に否定しているわけではない。ロシア議会には、デジタル技術分野のサンドボックス制度を設ける法案が提出されている。サンドボックスの参加者は仮想通貨の試験利用も行うことができるという。

関連ロシア議会、フィンテック分野で新サンドボックス法案

参考:RBC

CoinPostの注目記事

ロシアの仮想通貨マイナーに思わぬ利益 ルーブル安受け
原油価格戦争などの出来事原因で通貨価値が下落するロシアルーブルの状況を受け、ロシア国内の仮想通貨マイニング業者がより多くの利益を上げていることがわかった。
ロシア:6つの仮想通貨関連サイトが閲覧制限対象に=通信規制当局
ロシアで仮想通貨関連のコンテンツを提供する6つのWEBサイトへのアクセスが通信規制当局により閲覧制限が行われた。法的根拠が薄く、裁判所が制限を撤回させた例も多い中、ロシアでは規制の整備が進む。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG