GMOコインが18年〜19年仮想通貨FXの取引データ公開、XRPの人気が明白に

GMOコインが過去取引データを公開

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は自社の仮想通貨FXの取引データを公開した。

今回、公開されたデータの対象期間は2018年5月30日から2019年までで、ビットコインを除く、アルトコイン(XRP、LTC、BCH、ETH)4銘柄に焦点が当てられている。

2018年の6月から12月のデータでは、すべての月においてXRPの取引金額が最多となっている。

出典:GMOコイン

2019年上半期(1月から6月)では、4月のみBCHの取引金額が最多となったが、それ以外の月はXRPが最も多かった。

出典:GMOコイン

2019年下半期(7月から12月)でも、全ての月でXRPが最多の取引金額を続けていた。

出典:GMOコイン

XRPの人気

今年1月にリップル社は、2019年Q4(10〜12月)のマーケット報告書を公開しているが、その際にXRPを利用するODL(旧xRapid)の事業展開について説明。

すでに米ドル=メキシコペソ・米ドル=フィリピンペソとの2つの送金ルートに対応しているODLには豪州および米ドル=ユーロの送金ルートも加わったという。そして、2020年内にはAPAC(アジア太平洋)、EMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)、およびLATAM(ラテンアメリカ、カリブ海地域)に対応する送金ルートを新規追加する計画をしている。

リップル社がグローバル事業でXRPの利用普及を推進する中、日本国内においてXRPの人気が根強いことが見受けられる。

参考:GMOコイン

CoinPostの注目記事

XRP有価証券問題を巡る裁判に修正訴状 リップル社CEOの資産売却を問題視
仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る米リップル社に対する集団訴訟で、原告が修正訴状を提出。リップル社CEOが2017年に6700万XRPを売ったと主張している。
仮想通貨XRP・BNBが単独上げ、要因は? 最大規模の難易度調整もビットコイン採掘上向く
仮想通貨市場は27日、ビットコインが73.7万円と史上2番目の難易度易化調整後も同水準を維持。3位XRP(リップル)が一時20円目前まで迫り、前日比10%高。9位バイナンスコインが1450円の前日比8%高と単独上げを記録した。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG