仮想通貨XRP・BNBが単独上げ、要因は? 最大規模の難易度調整もビットコイン採掘上向く

XRPが単独上げ 最大規模の難易度調整もビットコイン採掘上向く

仮想通貨市場は27日、ビットコインが73.7万円(8時:bitFlyer)と史上2番目の難易度易化調整後も前日比で同水準を維持。時価総額3位XRP(リップル)が一時20円目前まで迫り、前日比10%高に、9位バイナンスコインが1450円の前日比8%高と単独上げを記録した。

昨日には過去最大規模の難易度調整が実行されたビットコインネットワーク、結果は-15.95%と易化。平均ハッシュレートが1月水準まで後退するも、一旦の調整タイミングを終えた。ハッシュレートの続落は現時点で確認されず、次回の難易度調整(約11日〜13日後)に向けて、すでに難化予想に転じるなど、ハッシュレートの回復傾向に転じている。

難易度調整時期後の価格への影響は、上昇と下落で別れていたが、現時点で大きな影響はない。ハッシュレートの続落が止まったことを受け、難易度調整による「状況のリフレッシュ」を好感する見方が強いか。2ヶ月後の半減期に向けて、マイナーが再び活発になることが予想される。

一方、冒頭で述べた様に、アルトコインの単独上げが確認されるなど、市場の地合いも悪くない。ビットコインの上昇に明確な強気相場の様相が確認できないだけに、循環物色の思惑は弱いが、ファンダメンタルズ要因に影響した資金の流入は確認されている。

出典:Skew

skewのデータによると、ビットコインに対してイーサリアム、XRPの相関性は0.97、0.96と極めて高い数値。概ねビットコインの値動きと相互に作用しあう関係にあるため、主要アルトコインに資金が流れる状況は、上昇が続けば仮想通貨市場全体の牽引要因にも繋がる可能性はある。

XRPとBNBの材料について

XRPに関する明確な材料は確認されなかったが、Sologenicの上場事例から、XRPレジャーのエコシステム拡大に注目が集まった。

カナダ大手仮想通貨取引所CoinFieldが手がけるプロジェクトSologenicのネイティブ通貨SOROが、9つの仮想通貨取引所で上場することが新たに明らかになった。

SOLOは、XRPレジャーを利用したトークンで、昨年12月にトークンセールが行われた。適格投資家のみ参加できるセールで計4000万SOLOトークンを販売している。

新たに上場する取引所はHitBTCのほか、BitForex、Bilaxy、Tokenz.net、CoinTiger、CoinsBit、Probit、WhiteBit、SistemKoinにも上場する。

またSOLOのエコシステムでは、Q2〜Q3においてSOLOカードや独自DEX、およびデジタル証券取引サービスも計画している。

一方のBNBは、バイナンスが新たに発表した独自Visaカードの発行開始を受け、決済利用普及の思惑が強まった。

200地域・計4600万店舗で利用できるカードで、通常のVisaデビットカードとして利用できる。

Binance Cardはバイナンス取引所口座に紐づいており、BTCとBNBを対応通貨に世界的な利用普及を目指す。

バイナンス、仮想通貨ビットコインとBNB利用の独自Visaカードをローンチ
大手仮想通貨取引所バイナンスは、仮想通貨を利用するデビットカード『Binance Card』を正式にローンチ。グローバルで計4000万店舗で利用可能に。

米国株は続伸

なお、26日の米株式相場は続伸。米上院が25日、新型コロナウイルスに対応する2兆ドル(約220兆円)規模の経済対策法案を可決し、新型コロナウイルスの経済への打撃を和らげるとの観測が広がった。一方で、ドルは全面安に転じている。

米新規失業保険の申請件数が過去最高を記録するなど、予想を上回る数値だったが、買いが先行した。

CoinPostの注目記事

仮想通貨ビットコイン×機関投資家 機関マネー流入の見通しは【実態調査:CME協力】
デリバティブ市場の分析を行うAcuiti社がCMEとBitstamp協力のもと、仮想通貨取引に関する機関投資家の最新実態調査を行なった。人気ペアや銘柄選択、機関マネー再流入のポイントなどが明らかになった。
バイナンス、15の仮想通貨取引ペア廃止を発表
バイナンスは、新たに15の暗号資産取引ペアの取り扱い廃止を発表した。27日の21時に実施する予定だ。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG