中国のデジタル人民元、開発に進展か 基本機能の開発完了へ

デジタル人民元の開発に進展か

中国の中央銀行である中国人民銀行(PBoC)が、デジタル人民元の発行に一歩近づいたことが分かった。

24日に「Global Times」が情報筋の話として、PBoCが民間企業と協業し、デジタル人民元の基本機能の開発を完了したと伝えている。現在は流通に向けて関連する法律の作成に取り組んでいるという。

中国Eコマース大手Alibabaが提供する決済サービスAlipayは今年、デジタル通貨に関連した特許を5つ公開。このことで情報筋は、デジタル人民元の技術的な開発の第一段階が終了したとみている。

一方、現在もデジタル人民元のローンチ日は不明確。今年1月、PBoCはデジタル人民元の基本設計が完了したと発表。「今年も着実に開発を進めていく」とだけ説明していた。

関連「デジタル人民元の基本設計が完了」 中国人民銀行が最新情報を発表

情報筋は、コロナウイルスの感染拡大と経済危機の影響の大きさを考慮し、中国はデジタル通貨のローンチを急ぐべきだと語ったという。

中国にあるブロックチェーン研究所の幹部は、「利下げなどの経済政策よりもデジタル人民元を流通させた方が経済効果がある」と主張した。

CoinPostの注目記事

中国:ブロックチェーン専門家への給与が減少 求人需要と供給に不均衡=20年人材開発報告書
中国で「2020年中国ブロックチェーン専門能力開発報告書」が発表。ブロックチェーン分野に需要と供給の不均衡があること、また中国ではブロックチェーン専門知識を持つ従業員への平均給与が減少したことが分かった。
「デジタル通貨は発行する価値がある」英中銀がCBDCの考察を発表
英国の中央銀行であるイングランド銀行が、中銀発行のデジタル通貨(CBDC)に関するディスカッションペーパーを発表。メリットや課題などを詳しく説明している。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG