大手FXヒロセ通商の子会社、仮想通貨市場への参入を断念

仮想通貨市場への参入を断念

大阪に本社を置き、外国為替証拠金取引(FX)を提供するヒロセ通商の子会社「ライオンコイン」が仮想通貨取引への参入を断念していたことが分かった。

子会社は3月末で解散すると発表している。

これまで、金融庁認定の自主規制団体「JVCEA(一般社団法人日本仮想通貨交換業協会)」が、仮想通貨のレバレッジ上限を15倍から4倍に引き下げる自主規制ルールを定め、正会員としてJVCEAに所属する各仮想通貨取引所が適用してきた。

その後金融庁は、仮想通貨の証拠金取引を最大倍率(レバレッジ)を2倍にすることで方針を固めている。

ライオンコイン社は、こうした規制の強化により、市場規模が縮小する可能性に憂慮したため、今回の決断に至ったとしている。

CoinPostの注目記事

速報 楽天とSBI 2020年度に仮想通貨の証拠金取引を開始へ=日経
楽天とSBIが、2020年度にビットコインなど仮想通貨(暗号資産)の証拠金取引を開始することがわかった。日経新聞が報じた。
米コインベースが仮想通貨証拠金取引を再開 レバレッジ3倍に
米コインベースが証拠金取引を再開。地域限定で個人・機関投資家に向けたサービスで、レバレッジは3倍までとなっている。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG