仮想通貨ビットコイン過去4回の割安水準=CoinMetricsデータ

CoinMetrics社が新レポート公表

仮想通貨データ分析サイトCoinMetricsは、BTC価格急落に関するレポートを公表。その独自の分析によれば、現在、ビットコインは比較的に割安な状態だとしている。

CoinMetricsの独自指標である『BTC MVRVのグラフ』を確認すると、これまでのビットコイン相場歴史において、*1のラインを下回ったことが今回を含め4度あることが見て取れる。「過去の値動きから、MVRVが1以下になった時はBTCを割安で買い貯める好機会となっていた」と、説明している。

出典:coinmetrics

MVRVは、MV(市場時価総額)を独自の指標であるRVで割ることで算出される。

そのRV(実現時価総額)はBTCの実際の流通数と価格を乗算することで導かれる。ウォレットの紛失などにより失われたビットコインが供給量全体の約15%を占める中で、時価総額を指標として用いることは適切ではないとしている。

そこで、この独自の指標RVを利用することにより、失われたコインを考慮しつつ、通常の時価総額から逸脱のしない形で市場を評価することが可能になると主張する。

また過去一週間でビットコインの時価総額(MV)は46%急落しているが、RVはそこまでの下落を見せていない。このことは、ホルダーはビットコインを保有し続けていることを示し、トレーダーによる売りが今回の価格変動に繋がっていると解説した。

参考:coinmetrics

CoinPostの注目記事

Bitfinexのクジラ、仮想通貨ビットコイン相場反転の要素を指摘
仮想通貨取引所Bitfinexの著名ビットコインクジラ「Joe007」が今後ビットコインが反転できる要素について自身の見解を披露。一方、アナリストのTone Vaysが見る値動きとは。
マイニングコストから仮想通貨ビットコインの底値を予想する理論価格モデル 
仮想通貨ビットコインのマイニング費用から、BTC価格の下限値を予想する「理論価格モデル」について解説。興味深いことに、生産コスト(CoP)モデルの理論価格と過去のBTC価格比較は、ほぼ一致した。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG