書籍「暗号通貨VS.国家 ビットコインは終わらない」坂井豊貴(著)

暗号通貨VS.国家 ビットコインは終わらない

ビットコインは終わらない まだ始まったばかりだ
世界平和の思想!?込められた国家への抵抗と変革への期待

◎そもそも「通貨」とは何か?
◎ビットコイン「非国家」の思想とは?
◎分散システムはなぜ見事な秩序で動くか?
◎私たちが生きるキャッシュレスな社会とは?

『多数決を疑う』の経済学者が予見!お金と国家をめぐる来るべき未来

▼Amazonで購入する「暗号通貨VS.国家 ビットコインは終わらない」

(目次)
[1章]神(サトシ)はビットコインを創成し、やがて姿を消した
創世前夜
あれはバブルか
危険なキャッシュレス
は正体不明
通貨の本質とは何か?
徴税と暗号通貨

[2章]そもそもATMは魔法の箱なのだ
銀行預金のすごさ
国際送金とリップルXRP
P2Pの世界通貨
すべては巨人の肩の上に立つ 

[3章]ブロックチェーンの生態系には、人間も機械も黄金もある
黄金を掘りに
送金したら何が起こるか
マイニングの仕組み
バラバラな人々がどうやって同じ台帳を共有するか
負けたマイナーの立場でブロックチェーンを理解する
多数決と正しい確率
ビザンチン将軍問題

[4章]暗号通貨の社会はめちゃくちゃ人間くさい
管理者のいないコミュニティ
新コインへの分裂
ネットワーク効果 調整ゲームと協調行動

[5章]超絶的な自動販売機イーサリアム
サタンの悪戯が奏功するには
若きヴィタリクの情熱
トークンによる資金調達
非国家と社会契約
ノーベル賞学者の参入

[6章]正社員は減ってないし、会社は無くならないし電子化はそう進んでいない
電子化はそう進んでいない
「億り人」は江戸時代より重税
会社は無くならない
仕事は無くならないが

坂井豊貴(さかい・とよたか)
慶應義塾大学経済学部教授。ロチェスター大学 経済学博士課程修了(Ph. D. in Economics)。『多数決を疑う』(岩波新書)、『マーケットデザイン』(ちくま新書)、『決め方の経済学』(ダイヤモンド社)ほか著書多数。著書はアジアで多く翻訳されている。暗号通貨、投票システム、オークション方式などの制度設計(メカニズムデザイン)を研究。(株)デューデリ&ディールでは不動産オークション技術顧問として学知のビジネス活用に携わる。

最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG