世界最大の保険組織ロイズ、仮想通貨ハッキング被害の保険サービスを発表

ロイズが仮想通貨向け保険を提供へ

世界最大の保険組織ロイズのシンジケートAtriumが、ホットウォレットの盗難被害に対する保険サービスの提供を発表した。同保険サービスは、仮想通貨の代行管理などを手掛けるスタートアップ「Coincover」を対象として考案、リリースされた。

補償金額は1,000ユーロ(約12万円)からとなり、補償金額は、価格変動する資産のボリュームに応じて柔軟に対応される。このような仕組みを取り入れることによって、契約期間中に係る潜在的な仮想通貨の価格変動への対応が可能になるという。

AtriumのアンダーライターであるMatthew Greaves氏によれば、仮想通貨の人気上昇に伴い、仮想通貨の保護を目的とした保険サービスの需要は伸びているとのことだ。

今回の保険サービスは、仮想通貨の盗難被害を防ぎ、リスクの緩和を可能にする革新的なソリューションであるとし、顧客に対して安心感をもたらすものになるだろう。

ロイズのイノベーション部門の代表を務めるTrevor Maynard氏は、仮想通貨市場の勃興に伴いハッキングによる窃盗の被害件数が増加傾向にある点に触れたうえで、「(今回の保険サービスが登場したことで)仮想通貨企業が資産を保護するための手段が築かれた」と述べた。

ロイズは2018年8月に仮想通貨市場に参入し、シンジケート「Atrium」を通じて、適格カストディアンのKingdom Trustへのサービスを提供していた。今回のニュースは、そうした以前の動きを継ぐものとなっている。

Coincoverは2018年に仮想通貨のより安全でアクセスが容易な環境の提供を目的に創設され、仮想通貨カストディBitGoもパートナーの一社だ。

仮想通貨市場への参入進むロイズ

今回、仮想通貨を対象とした保険サービスを発表したロイズだが、ロイズに属する保険引受業社・ブローカー数社が、すでに、主要仮想通貨関連企業に対し次のような保険サービスを提供している。

  • 米仮想通貨取引所最大手のコインベース
  • 2億5500万ドル(約273億円)を上限とするホットウォレットへの補償

  • 米カストディサービス企業Anchorage社
  • 顧客保有の仮想通貨への保険サービス提供

  • 米機関投資家向けカストディ大手BitGo
  • 最大110億円の保証:秘密鍵のハッキング、盗難、物理的損傷と喪失

  • スイス金融テクノロジー企業Metaco
  • 金融機関向け デジタル資産管理技術SILOに対し あらゆる盗難や災害に対する補償を想定

  • 米仮想通貨カストディ機関 Kingdom Trust

ロイズの数ある保険ブローカーの中でも、世界120カ国に営業拠点を持つ多国籍企業Aonは積極的に仮想通貨やブロックチェーン業界へのサービス提供を進めており、上記コインベース、Anchorage社、そしてとMetacoと提携を結んでいる。同社は、仮想通貨保険市場の50%を占めているとも言われている。

中でも、コインベースに対しては、保険仲介業務にとどまらず、同取引所が自社の専属保険会社(キャプティブと呼ばれる)を設立するための支援を提供し、結び付きを強めているようだ。

仮想通貨市場における保険サービスも徐々に、拡充の様相を呈している。

CoinPostの関連記事

米大手仮想通貨カストディアンBitGo、スイスとドイツに事業拡大へ
米大手仮想通貨カストディ企業BitGoが、スイスとドイツに新たな部門を設立。欧州で高まる需要に応えるため、デジタル資産の中心国に拠点を構える。
大手会計企業KPMG「仮想通貨カストディの収益大幅増も可能」
大手会計企業KPMGは仮想通貨市場に関するレポートを公表し、機関投資家の参入障壁となっている原因は資産保護の欠如だと指摘。カストディサービスの重要性を強調した。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG