急変動続く仮想通貨市場、ビットコイン先物出来高も大幅変動=CME

米CMEのビットコイン先物の出来高が大幅減

米大手デリバティブ取引所CMEのビットコイン(BTC)先物の出来高が高い変動値で推移している。18日には11億ドル(約1200億円)の出来高を記録したが、その水準を維持できず。21日には、日間出来高が1億1800万ドル(約130億円)まで減少した。

出典:skew

18日に記録した11億ドルは極めて高い水準。10億ドルを超える出来高を達成したのは2019年6月27日以来、約7ヶ月ぶり。2017年12月のBTC先物のローンチ以来、3回しか達成していない。

一方で、21日の1億1800万ドルは今年の最低水準となる。18日の高水準と比較して、21日には89%減と出来高が高い変動値で推移した

また決済されていないポジションを指す取組高(OI)は、18日から大きくは変動せず、同水準を維持している。

OIが上昇し出来高が減少する状況では、マーケットは通常過去の動きを拡大させる。過去の動きとは今回、18日までの6週間半、BTCの価格がおよそ7000ドル(約78万円)から1万500ドル(約117万円)まで上昇した動きを指す。そのため、今回のCMEの状況を強気相場のサインと見る向きもある。

一方、インターコンチネンタル取引所(ICE)の仮想通貨(暗号資産)子会社Bakktは、現金・現物決済を合計した先物取引の21日の出来高は、1860万ドル(約21億円)。CMEとは違う動きを示しており、以下のグラフのように出来高は同水準を維持し、OIは14日を境に減少している。

出典:skew

CoinPostの関連記事

JPモルガンが「仮想通貨・ビットコイン市場の展望予想」を発表
JPMorganが、仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンの将来展望を主題として、74ページに渡るレポートを公開。仮想通貨の成熟度やビットコインの価値、ポートフォリオ通貨としての魅力などを掲載した。
仮想通貨ビットコイン先物の取組高、高値更新の13日に5500億円超へ
ビットコイン(BTC)の先物契約の未決済建玉(OI)が、13日に50億ドル(約5500億円)を超えた。取引所別ではBitMEXが16億ドル(約1750億円)で最も多く、全体の31%を占めている。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG