仮想通貨取引の調査企業Chainalysis、XRPに新規対応

ChainalysisがXRPに対応

仮想通貨トランザクションの不正などを検出するブロックチェーン追跡専門企業チェイナリシス(Chainalysis)は新たにXRP(リップル)を対象通貨リストに加えた。

発表によると、Chainalysisは今後数週間、XRPを取り扱うトップ70の取引所と連携し、XRPを悪用した詐欺や関連するハッキングを「識別する」予定をしている。XRPエコシステムの健全化を高めるための施策だ。

Chainalysisは以前よりBTCやETH、BNBなどの主要銘柄を含む40以上の銘柄に対応。また、仮想通貨捜査ツール「Reactor」、本人確認等のコンプライアンス及び取引監視ツール「KYT(Know Your Transaction)」などのプロダクトを提供している。バイナンスやBitstampなどの取引所だけでなく、大手銀バークレイズや欧州刑事警察機構(ユーロポール)などの企業・組織もクライアントとして利用している。

CoinPostの注目記事

仮想通貨ビットコイン取引の分析調査企業 5年で米政府の採用数が急拡大
仮想通貨の不正検出やマネーロンダリング対策などのソフト開発及びサービスを提供する米チェイナリシスと、米国政府機関との契約数が急拡大している。一般犯罪捜査での実績も。
BitMEX、仮想通貨XRP先物「フラッシュ・クラッシュ」損失分は補償せず|弁護士の見解と他事例
最大手仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXの「フラッシュ・クラッシュ」発生について利用者から批判が相次ぐ中、仮想通貨に精通する弁護士は、BitMEXの法的ステータスについて見解を述べた。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG