デリバティブ取引所Deribit、日間BTCオプションを提供に

Deribitの新商品

大手デリバティブ取引所Deribitは2月3日より、「日間BTCオプション」を提供予定。新商品を加えたことで、利用者は一日〜9ヵ月のスパンでオプション取引を行うことができる。

日間(デイリー)BTCオプションはDeribitが提供している既存のBTCオプションの規格とはほぼ変わらないが、異なる点は主にカットオフだ。つまり日間の場合、権利を行使する最終的な締め切り時刻は毎日の8AM(UTC)になるとのことだ。

超短期的オプションを提供する理由として、Deribitは「変動するマクロイベントを取り入れているショートターム投資家やトレーダーの需要に応じて、デイリーオプションを提供することに至った」と説明した。

現在、仮想通貨オプション市場における競争は一層激しくなってきている。1月上旬にBTCオプションをローンチしCMEがBakktをのけて機関投資家市場のシェアを迅速に拡大するほか、中華系大手OKExは市場の全体シェアを広げている。

出典:skew

今もDeribitはオプション市場の9割ほどを確保しているが、OKExはすでに古参のLedgerXを大幅に上回ってきている。市場再編が加速する状態だ。

参考:Deribit

CoinPostの注目記事

仮想通貨デリバティブ取引所、「ビッグ4」がシェアを占有
仮想通貨ベンチマークCryptoCompareの最新報告書によれば、仮想通貨デリバティブ市場における96%の出来高は、4つの大手仮想通貨取引所によって占められている。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【2/1更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG