大手取引所バイナンス、仮想通貨ADA先物取引開始(最大レバレッジ75倍)

バイナンスでADA先物取引可能に

最大手仮想通貨取引所のバイナンスが新たにADA/USDTペアの先物取引の提供を開始すると発表した。

開始日時は、日本時間2020年01月31日 17:00の予定となっている。

市場操作を避けるため、取引開始から15分はマークプライスの価格変動を±1%に制限することにも注意が必要だ。

数日前にも会計事務所「ビッグ4」の1つであるPwCと連携することが判明。これに伴い暗号資産ADAが高騰、15%ほどの上げ幅を見せていた。今回のバイナンスのADA先物取引開始も、ADAのさらなる流動性拡大に繋がる可能性が考えられる。

情報元:https://www.binance.com/en/support/articles/360039355391

CoinPostの関連記事

米国版バイナンス、2月より仮想通貨のステーキングサービスを開始
バイナンスの米国パートナー取引所「Binance.US」は2月よりステーク報酬付与サービスを開始。最初は2銘柄に対応する予定だ。
バイナンスIEO銘柄の仮想通貨Matic、米コインベースカストディが新規対応
バイナンスのIEO銘柄Maticは米仮想通貨取引所コインベース傘下のカストディ企業「Coinbase Custody」の取り扱う銘柄に新規追加された。過去の事例からも取引所への上場も期待が高まっている状況だ。

「CoinPost」を閲覧する



最新情報をチェックしよう!
>C3 (Crypto Currency Community)

C3 (Crypto Currency Community)

キャッシュレス化の時代にいち早く暗号資産の取り扱いに慣れ、先行者利益を享受するためのコミュニティサイト

CTR IMG