期間限定!Lineお友達追加で、月利50%を安定して稼いでいる究極のFX自動売買システムを期間限定で ”無料プレゼント” 実施中!

仮想通貨史上最大の出資金詐欺と言われるプラストークンの現在

仮想通貨史上最大の出資金詐欺と言われるプラストークン

30億ドル(3200億円以上)のBTC、ETH、XRPなどが騙し取られたと言われる、プラストークン。
推定1,000万人の人が騙されたと言われています。

「AIを利用した自動裁定システムで、月利10%を約束する」

プラストークン

というものですが、この手のものは必ず出金が出来なくなってオワコンです。

私も知り合いから勧められ、すぐにググって調べましたが、
どうも「AI」とか、「自動裁定」とか胡散臭い言葉が並んだことと、
月利10%というフィードバックをする源泉が
どうやって産み出されるのか?
理解出来ず、知人にはすぐに辞めるように諭しましたが、
見事にハメられてしまったようです。

当面は、わずかな現金を掴ませてもらえるので、
私のところに再度お偉いリーダーと言われる方と勧誘に来られましたが、

「ものの3分で論破」

させていただきました。リーダー様は、ぐうの音も出ずにそそくさと
帰られましたが・・・・数ヶ月後、話を進めてきた知り合いに聞くと
多くを語りたがりません。

「それ見たことか・・・」

この手のモノに手を出される方は、

  • 目の前の現金に騙されてしまう
  • 「お偉いリーダー様」の話を簡単に信じてしまう
  • 自分が儲かれば他の人は、どうなっても我関せず
  • 自分で学ぼうとしないし、基本的に人任せ

こういった傾向があるようです。
上手くターゲットを絞り、その適性を知った上で勧誘をするという
しっかりとマーケティングをして効率よく展開されていることも伺われます。

目の前の現金に騙されてしまう理由

うまい話だと思っていても、
詐欺じゃないかと疑っていても、
目の前の現金を見せられると信じてしまうみたいです。

勧められる時によく言われるのは、

「この人の口座には、ほらこんなに・・・」
「先月は、●●万円振り込まれたから大丈夫!」

こういった話です。口座への入金なんて、
人を信用させるための見せ金を利用してやるものだし、
最初だけ僅かな現金を握らせて、直ぐに出金を止めるというのは
この手の詐欺の常套手段です。

信者が「お偉いリーダー様」の話を簡単に信じてしまう理由

プラストークンに限らず、

「マルチ商法」

と言われるものは、例外なく全てそうですが、
必ず上位リーダーを信用させるために

「神格化」

させます。大したことない人でも
多くの人を勧誘出来れば、

「神」

になれるのですよ!
だから、やめられませんね、価値を産み出すことのできない人は。

勧誘させるための「勉強会」「洗脳セミナー」で、
この辺りをしっかりと叩き込まれます。
警戒心を持つターゲット(Cさん)を
紹介者(Bさん)がリーダー(Aさん)の支援を得て制約させる手法、

「ホイラーの法則」

というのがあります。MLMでは何十年も前から使われているいる古典的な
勧誘手法ですが、この場で必ず

「TーUP(ティーアップ)」

と言われる心理コントロールをしてきます。
BさんがAさん(あるいはその上位者)を持ち上げるのですね。

真面目な人ほど、
価値のない人を「神格化」
させてしまう、悪い流れが出来上がってしまうんですね。

よく考えてください。

本当に”凄い”と言われる人が、

こんな胡散臭い詐欺案件と思われるようなものに手を出しますか?

洗脳された人は、

「この人が言っているから、間違いない!」

こう考えます。完全に思考停止です。
こういう思考が芽生えてきたら、”洗脳”されていると思ってください。

自分が儲かれば他の人は、どうなっても我関せず

「儲け話に目がくらむ」

というやつですね。自分の利益が最優先。
人がどうなろうと個人の判断でしたんでしょう?
と開き直れるある意味の「強さ」。

「強さ」は、我の強さ、欲の強さであると思います。
洗脳されているから、何が正しくて何が間違いかさえ、
理解出来なくなっている。オワコンです・・・

自分で学ぼうとしないし、基本的に人任せにしてしまう理由

自分の時間は貴重だけど

人の時間までは関知しない。

出来るだけ自分が楽できればラッキーだし、

全て覚える必要ないんだから

任せられるところに任せちゃえ〜!

気持ちはわかりますが、こういう人に進歩はありません。
任せられる人、周りにいる人は、
依存されることを嫌いますので、そのうち逃げていきます。

そしてこういう人ほど、
トラブルがあったときにシツコくこう言います。

信じてたのに・・・騙された!

騙すことがいいとは言いませんが、
上記のような特性を持った人も問題ですね!

プラストークンの現在はどうなっているの?

2019年5月27日・28日・29日にベトナムで大々的なイベント

Plus Tokenカンファレンス会場

場所:ベトナムハノイナショナルコンベンションセンター

プラストークン2500人

ベトナムサミット ジャパンスピーチ2019

しかし・・・ここからが問題

2019年6月27日を最後に突然の報酬ストップ

6月27日以降、PlusTokenに預けられた30億ドル相当の仮想通貨の出勤機能が停止され、

「一時的な機能不全」と伝えられました・・・

そういえば、7月上旬に知り合いも、出金に関し
かなり慌てていたと記憶しています。

この頃に出金不全が始まったようですね。

7月上旬の2日間で、プラストークンのアドレスから、合計5775BTCもの送金を確認

これは、疑いようのない事実で誤魔化しようがありません。
中国のブロックチェーック分析会社「PeckShield」による分析発表ということですので、デマとも取れない情報でしょう。

2019年7月2日持ち逃げ疑惑のプラストークン関係者ら6名がバヌアツで逮捕

ついに自殺者まで出した大型詐欺案件

お隣の韓国では、ついに7名もの自殺者が出るまで被害が大きくなったようです。

大型詐欺案件がもたらせた社会的な影響

仮想通貨詐欺案件として、
MLMを通して投資家の損失を与えたこと、
結果的に投資家の自殺を誘発させたこと、
そして、上述にもあったように多くの仮想通貨が
プラストークンから法定通貨に換金された事で、
仮想通貨市場に大きな影響を与えた原因としても
考えられるようになってきました。

上記の記事では、

被害者からプラストークンのウォレットに流れた18万BTC、640万ETH、11万1000USDT、53OMGの総額約20億ドル(約2180億円)を分析。そのうち、約80万ETHと4万5000BTCに関しては「確実に資金洗浄目的で自分たちのアドレスに移した」と指摘。80万ETHのうち1万ETHはすでに現金化されており、ビットコインはより複雑な状況になっているが、約2万5000BTCが現金化。残りの2万BTCは8700以上に上る仮想通貨アドレスに分散されているという。

「詐欺師たちが資金の移動をごまかすために高いレベルで努力をしている証拠」と分析。コインジョインを採用するウォレット「ワサビウォレット」などを使って資金の追跡を困難にしようとしている

さらに、

プラストークンの詐欺師たちはビットコインを中国系の取引所フォビなどのOTC(店頭)取引で現金化していると指摘。今までにOTCを通して現金化されたビットコインは、少なくとも1億8500万ドル(約200億円)にのぼる

200億円分のBTC(ビットコイン)が、市場原理の働かない不正な取引で
売却されたことが原因で、2019年夏場以降のレートの下落の原因となっている・・

11月下旬以降の原因のわからない、レートの下落の原因はこれだったのか?

信憑性は高いが真実はどこにあるのでしょう?
真実が明らかになるまで、もうしばらく時間は必要かもしれません。

純然たる投資家がBTC(ビットコイン)を買い支えるか?

はたまた新しい詐欺案件で、BTCが買われることになるのか・・・?

3回目の半減期を迎えるBTC(ビットコイン)。
マイニングを行っている私の立場では、
1日も早く市場の正常化を祈りたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です